「労働2.0 やりたいことして、食べていく」書評レビュー/これを読んだら才能が見つかった件

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、
はるかです。

 

突然ですが、60%
これが何の数字かわかりますか?

 

これは雇用状況に満足している人の割合です。
日本は調査対象国24カ国中最下位です。
ちなみに1位はノルウェーで90%です。

 

他にも日本人の仕事満足度は47%
と82%のアメリカに比べて
圧倒的に低い割合です。

 

それに対して長時間労働率は
20.8%とドイツの9.6%に比べて
圧倒的に高い割合です。

 

今日は「労働2.0」を読んで
働き方に対する考えが目から鱗だったので
紹介していきます。

 

この本はお笑いコンビオリエンタルラジオの
あっちゃんこと中田敦彦さんが
執筆されたものです。

 

あなたは資本家のお手伝い

 

このメルマガを読んでくださっている
多くの方は会社勤めだと思います。

 

会社に雇われるとは、会社の歯車である
と言うことです。

 

会社と言うのは
資本家つまり社長のやりたいことを
実現する場所です。

 

「やりたい仕事ができない」
と文句を言っても労働者の労働は
資本家の夢を実現する手伝いに過ぎないので
文句を言える立場にないのです。

 

やりたいことがしたければ
まずは「自由度を上げる」
が一番です。

 

自由度を上げできることを増やし、
社内での権力を得ます。

 

ここで注意したいのが
いくら権力を得ても雇われの身に変わりないので
会社の歯車から脱せる訳ではないということです。

 

できることを増やすというのは
・「No」と言われてもすぐに諦めない
・先読み力をつける
この2点です。

 

1.諦めが悪い人になる

上司から企画を却下された時に
「わかりました」と諦めるのではなく

 

「誰の判断で通らないんですか?」
「どこがダメなんですか?」

 

と言うようにダメな理由を聞きだし
分析します。

 

特に重要なのがキーパーソンを掴むこと。
誰の判断でダメなのかを聞き
直接訴えに行くことが大切です。

 

またダメな理由を要素分析して突き止め
クリアできる代替案を考えることで
突破できる場合があります。

 

著者のあっちゃんも企画が通らない時は
誰の判断なのか、何が理由なのかを
徹底的に突き止めたと書いてありました。

 

2.クビにならない範囲で先を読む

A:言われたことをちゃんとする人
B:言われたことができない人
C:言われてないこともする

 

世の中にはこの3タイプの人間がいて
Cタイプの人が出世するそうです。

 

Cタイプの人はいい結果を生むために
常に先を読みトライをしています。

 

「言われてないこともする」とは
何をすれば会社のためになるかを
考えなければできないので
先読み力と創意工夫が必要です。

 

時には不要なことをして
怒られるかもしれませんが

 

良かれと、会社の成長を思っての
行動なのでクビにならない範囲で行えば
上司から一目置かれます。

 

この様にできることを増やしていき
言われてないこともすることで
会社での自由度が上がっていきます。

 

人よりいい場所・地位を選ぶのではなく
自分の適性に合った、
存在意義を感じる場所
人間は満足感を得ます。

 

そして存在意義を感じる場所とは
やりたい仕事ができているときです。

 

歯車である以上、
やりたい仕事は中々できませんが、

 

社内での自由度を上げ
自分のいるべき場所を作り
満足感を得て働くことがカギです。

 

人間は補い合う生き物

 

「私には才能がない」
と言う人がいますが
どんな人にも才能はあります。

 

他の人と違うことは全て才能です。
自分では当たり前と思っていることも
意外と隠れた才能だったりします。

 

私は昔から物事が長続きする人間なのですが
私はこれが普通だと思っていました。

 

例えば
運動する習慣はかれこれ20年続いてます
5歳で水泳を始めてそこから何かしら
運動する習慣があります。

 

私にとっては当たり前のことでしたが
就活の時に就活コンサルタントの方に指摘され
はじめてこれは才能なんだと気づきました。

 

この様に才能は自分では気づきにくいです。
普段の習慣だと思っていたことが
隠れた才能だという場合もあります。

 

そしてこの才能は一人一人違います。
だから色んな人が集まって足りないを
補い合うから人間は生き残ってきました。

 

また「才能」と言うと
壮大なものをイメージしますが
そこそこの才能の組み合わせで十分です。

 

例えば私だったら
英語を学んでいる、話せる。

 

英語を話せる人なんて
数えきれないほどいます。

 

でもここに
・イングリッシュキャンプ主催経験あり
・アニメオタク歴15年

 

が加わるとどうでしょうか?
きっとこんな人はたくさんは
いないと思います。

 

どんな才能でもいいんです。
私の才能はオタクですから(笑)
でも誇りをもってオタクをしています!

 

直接職業に活かせなくても
副次的に才能が役立つ場面が
来る可能性もあります。

 

また、自分が欠点だと思っていることが
意外と才能を開花させる起爆剤になる
と言うこともあります。

 

なぜなら才能は不足から生まれるからです。

 

タンポポが綿毛を持ったのは
動けない代わりに種を運ぶため

 

鳥が飛べるように進化したのは
強敵から逃げるため

 

この様に自然は不足を補うために
才能や能力を身につけています。

 

これは人間も同じです。
自分が不足と感じているから
補うために勉強し才能を伸ばします。

 

「才能がない」と思っている方は
意外と見落としている可能性が高いので
一度自分と向き合ってみることが
解決への一歩かもしれません。

 

まとめ

 

働き方には色んなタイプがあります。

 

会社で働く、フリーランスで働く、
起業する...

 

これからの時代はもっと自由になると思います。

 

自分の才能を生かして、
存在意義が満たされる場所で
働けることが一番だと思います。

 

私もそのような働き方を目指して
頑張ります!

 

では、また。

 

将来への不安を少しだけ軽くする電子書籍を読めます

   

私は「お金、時間、人間関係」の悩みから解放され
英語で自分らしい生き方を達成するために勉強してます。


会社と自宅を往復するだけの何となく過ぎていく毎日に
楽しさや生きがいを感じることが無くなり
そんな自分を変えたいと思って海外に来ました。


会社の上司に気に入られ、嫌われないために
周りに合わせたり、偽りの自分を演じたりして
毎日、なりたい自分に嘘をつきながら生きていました。


そんな私が、英会話に出会って
世界には自分らしく生きている人であふれていることを知り
自分もその理想の生き方をしている人たちの仲間入りをしたいと思いました。


英会話を学ぶ過程で
英語の先生からお金に悩まない人生設計
『労働収入、小労収入、不労収入』の話を聞き


英語を習得することが
お金にも時間にも人間関係にも悩まない
生き方を達成するスキルであることを確信しました


その英会話学習を通じた人生経験から
生まれた環境にかかわらず
英語を勉強して、正しい方法で後天的に努力すれば
誰でも自分らしい生き方を達成できると確信しています。


そうして、そういう人が少しでも増えれば
一人一人に笑顔と活気が溢れて
暗い顔をして辞めたいと思いながら会社に行く人が減り
日本、世界はもっと明るくなると本気で信じています。


そういった理念から
人生初となる処女作を無料で発刊しました。


ストーリー形式で作られていて
20分程度でサクッと読める内容なので
もし興味があれば読んでみてください。  


電子書籍「脱・ブラック企業!令和時代の新・働き方トリセツ」を読んでみる⸜(๑’ᵕ’๑)⸝


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら
SNS等でシェアして頂けるとすごく喜びます!
(すぐ下のボタンからシェアできます。↓↓↓)


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はるか

元社畜SEの現ワーホリ中毒 24歳/京都/好き→海外旅行/水泳/アニメ/ワイン/ネコ 大手IT企業SE→没個性に疲弊、人間関係・仕事に悩む→鬱→好きな場所で自由に生きたい→ワーホリ 英語スキルを身につけ、個性を殺さず自分らしく生きる仲間を増やしたい⸜(๑’ᵕ’๑)⸝