「失敗の科学」書評レビュー/成功は一夜にしてならず

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、
はるかです。

 

「人の失敗から学びましょう。
自分で全部経験するには、人生は短すぎます」

と言う言葉を知っていますか?

 

これは米国32第大統領エレノア・ルーズベルト
が言った言葉です。

 

人間は失敗をよくないことと恐れ
隠蔽したり、責任を擦り付け合ったりします。

 

しかし、成功には失敗は欠かせないもので
そこから何を学び活かすかが大切です。

 

今日は
『失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織』
から学んだことをご紹介します。

 

 

失敗との向き合い方

 

人の命を扱い絶対にミスが許されない
航空業界と医療業界。

 

この2つの業界の失敗に対する考え方、
対応が対称的に紹介されていました。

 

まずは航空業界を見ていきます。

 

航空業界におけるフライト事故は
830万フライトに1回です。

 

飛行機にはブラックボックスという
データ解析システムが必ず搭載されていて
飛行データや音声を記録しています。

 

また、航空業界では失敗は貴重な学習チャンス
と捉え業界全体で共有され
二度と同じ失敗をしないように教訓にします。

 

一方医療業界を見てみると...

 

米国では年間40万人が回避可能な医療過誤で
亡くなっており、米国の3大死因第3位です。

 

これは飛行機事故が毎日2機起きているのと
等しい数で問題になっています。

 

医療業界は基本的にミスに対して
クローズドな姿勢で隠蔽する傾向にあります。

 

医者はプライドが高い方が多く
過去の自分自身の成功例にこだわり
失敗を招く原因だと言われています。

 

この2つの業界から見る失敗のパターン
について紹介します。

 

失敗はパターンがある

 

失敗には2つの原因があります。

1.失敗を隠す

人は自分が失敗した時は言い訳を必死に述べ、
他人が失敗した時はここぞとばかりに責めます。

 

これは医療業界と同じで
失敗=悪と捉えており
ミスを犯しても言えない雰囲気を作ります。

 

私がシステムエンジニアとして働いていた時
国の基幹システムを扱っていたため
ミスは許されませんでした。

 

ミスが発覚すると犯人捜しや
責任の擦り付け合いが始まります。
なのでミスを隠す傾向にありました。

 

そのため同じ失敗を何度も繰り返し
品質低下や信用が落ちることに
繋がっていました。

 

ミスに対してオープンな雰囲気であれば
共有することで同じ失敗を繰り返すことは
ないと思います。

 

2.上下関係

あなたは上司が間違えているときに
強く指摘することはできますか?

 

たぶん私を含め多くの人が
間違いを指摘できないのではないでしょうか?

 

上司に
「そのやり方は間違っています。」
とは言えず

 

「そちらの方法よりも、別の方法のほうが
良いのではないでしょうか?」
と柔らかい表現を使うかと思います。

 

でも柔らかい表現では緊急度は伝わらず
大惨事を招きかねません。

 

また、年上である上司のほうが
経験や知識もあり正しいのではないか
と思って失敗を指摘できないことがあります。

 

システムエンジニア時代に、
先輩が間違っている様に見えたのですが
経験年数や技術力は断然上なので

 

「私の考えが間違ってるのかも...」
「指摘して違ったら怒られるし...」
と指摘できないことがありました。

 

結局先輩が間違っていて
後日ミスが発覚しました。

 

この様に失敗は
・失敗に対する周りの反応
・環境・習慣
が大きく影響しています

 

失敗が成功に導く

 

人間は生きている限り失敗します。
そこから何を学び活かすかが重要です。

 

いきなり大成功を目指すのではなく
小さな改善を積み重ねることで
大きな飛躍が待っています。

 

これはマージナルゲインという考え方で
ツールドフランス総合優勝者を生んだ
「チーム・スカイ」のゼネラルマネジャーが
考案しました。

 

・睡眠改善で体調を整える
・感染症予防に掃除を徹底する
・ユニホームを肌に優しい洗剤で洗う

 

という一見自転車競技には関係ないような
小さな小さなことから改善していき

 

72年越しのツールドフランス初優勝という
大きな目標を達成しています。

 

この小さな改善は一つの失敗を分析し
細かく改良して成功へ近づける
というものです。

 

失敗は成長するうえで欠かせないもので
どう向き合うかが大切です。

 

失敗した時に
「どうせ自分には才能がないから」
「頭悪いから...」

 

と知性のせいにして諦める
これでは成長できないです。

 

失敗に真正面から向き合い
失敗=成功への道のり
と捉えることで失敗から多くの事を学べます。

 

私の大好きな、浅田真央さん。

 

トリプルアクセルが飛べて
万人を魅了する美しい演技をされる
スケーターです。

 

でもその後ろには
たくさんの失敗と努力があります。

 

毎日朝9時から夜中まで練習をし
合間には筋トレや表現力磨きをしています。

 

真央ちゃんはあるインタビューで
「努力しないで天才になれたらいいな。」
と語っています。

 

天才と言われる人ほど
たくさん失敗をして見えないとこで
努力をしています。

 

成功は一夜にしてならず

 

私も1つの失敗を才能のせいにせず
真正面から向き合っていきたいです!

 

では、また

将来への不安を少しだけ軽くする電子書籍を読めます

   

私は「お金、時間、人間関係」の悩みから解放され
英語で自分らしい生き方を達成するために勉強してます。


会社と自宅を往復するだけの何となく過ぎていく毎日に
楽しさや生きがいを感じることが無くなり
そんな自分を変えたいと思って海外に来ました。


会社の上司に気に入られ、嫌われないために
周りに合わせたり、偽りの自分を演じたりして
毎日、なりたい自分に嘘をつきながら生きていました。


そんな私が、英会話に出会って
世界には自分らしく生きている人であふれていることを知り
自分もその理想の生き方をしている人たちの仲間入りをしたいと思いました。


英会話を学ぶ過程で
英語の先生からお金に悩まない人生設計
『労働収入、小労収入、不労収入』の話を聞き


英語を習得することが
お金にも時間にも人間関係にも悩まない
生き方を達成するスキルであることを確信しました


その英会話学習を通じた人生経験から
生まれた環境にかかわらず
英語を勉強して、正しい方法で後天的に努力すれば
誰でも自分らしい生き方を達成できると確信しています。


そうして、そういう人が少しでも増えれば
一人一人に笑顔と活気が溢れて
暗い顔をして辞めたいと思いながら会社に行く人が減り
日本、世界はもっと明るくなると本気で信じています。


そういった理念から
人生初となる処女作を無料で発刊しました。


ストーリー形式で作られていて
20分程度でサクッと読める内容なので
もし興味があれば読んでみてください。  


電子書籍「脱・ブラック企業!令和時代の新・働き方トリセツ」を読んでみる⸜(๑’ᵕ’๑)⸝


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら
SNS等でシェアして頂けるとすごく喜びます!
(すぐ下のボタンからシェアできます。↓↓↓)


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はるか

元社畜SEの現ワーホリ中毒 24歳/京都/好き→海外旅行/水泳/アニメ/ワイン/ネコ 大手IT企業SE→没個性に疲弊、人間関係・仕事に悩む→鬱→好きな場所で自由に生きたい→ワーホリ 英語スキルを身につけ、個性を殺さず自分らしく生きる仲間を増やしたい⸜(๑’ᵕ’๑)⸝